無料相談をする時に用意しておきたいものとは?

無料相談税理士に相続の相談をする時には無料相談などを利用する人も多いでしょう。無料で相談をする時には失敗しないためにも持っていくといいアイテムもいくつか存在しています。何を用意すればいいのかについてここでは話します。

まず1つ目は財産の一覧です。無料相談で大切なことは財産の価値がいくらになって税額がいくらになるかです。それを知るためには財産がどのくらいあるか、どんな財産があるかを知る必要があります。相談する時には財産の一覧をチェックした方がスムーズなので事前に用意しておくといいでしょう。

また2つ目は家族構成の一覧についても用意しておくといいです。相続税の計算で重要なのが家族構成です。相続税は家族1人につき大きな控除が存在しています。家族構成によって変わってくることもいくつかあるので、事前に家族構成の一覧は用意しておいた方がいいでしょう。

ここでは無料相談で用意した方がいいものについて紹介をしましたが、無料相談と言ってもそれぞれの税理士で対応してくれる範囲が異なります。まずはどこまで対応してくれるかが大切になるので、一度確認をしその後で必要な書類を用意して税理士に依頼をすると満足のできる相談をスムーズに行うことができます。

税理士を選ぶ際の3つのポイント

相談相続相談が可能な税理士は全国にたくさん存在しています。どこに依頼しても同じだろうと思っている人もいますが、税理士と言っても色々な人たちが存在しているので後悔しないためには選び方をこだわった方がいいでしょう。ここでは選ぶときの3つのポイントについて紹介します。

1つ目はどんな事務所かをチェックしましょう。例えば規模ですが、大規模なら信用できる事務所というわけではありません。規模だけで選ぶのはよくありません。また、立地などもチェックした方がいいです。相談したいのに遠方の税理士に依頼をしてしまうと事務所に行くまでに大変です。なるべく近くて実績のある税理士に依頼をしましょう。

2つ目は担当の税理士についてもしっかりとチェックしておきましょう。例えば担当してくれる税理士がしっかりと資格を持っているかや、経歴が十分にあるかなどを確認することは大切です。また、相談には親身に対応してくれるかも重要になるので細かくチェックしておくといいでしょう。

3つ目は業務範囲です。例えば相続に関しての相談があまり出来ないところに依頼をしても満足のいく答えが返ってこない可能性もあります。どこまで対応してくれるかもチェックして選ぶといいでしょう。

税理士による相続相談サービスのメリット

税理士税理士による相続相談サービスを利用するメリットは時間を削減できることです。忙しい生活を送る人は多く、会社員であれば平日は会社に出社し、休日はゴルフで接待をしたりして過ごす人もいます。また、子育てをしているママさんは育児に1日の大半を費やすことになるので、時間に余裕がない人も多いです。もし時間に余裕がない人が相続をするために必要な手続きを全て自分の力で行おうとすると限られた時間で行わなければならないのでミスなどが発生する可能性があります。もし税理士さんを利用すれば代わりに手続きをしてくれるので手続きにかかる時間短縮を実現できます

税務調査の時に代わりに対応してくれる点もメリットの一つです。適切に申告ができていないことが疑われるケースでは税務署から調査が入ることは珍しくありません。税務調査への対応は一般の方では難しくプロの専門家の意見を聞いたりサポートを受けたいと考える人もたくさんいます。もし税理士さんを利用すれば税務調査が行われることになった時も代わりに対応してくれるので安心できます。

相続税対策も相続相談でできる点もメリットの一つです。相続税対策をすることで税金を支払う額が減るので支払いをする側に利点があります。専門的な知識がある税理士さんを利用すればこのように様々な相続相談を受けることができます。

税理士による相続相談サービスについて

相続をする時はあらゆる手続きが必要になります。相続人は親族になります。年を重ねれば親御さんがお亡くなりになったり、親族が他界されることもあり、法定相続人はその人が所有している遺産を継承することになります。遺産の中には不動産などの高価なものや、銀行口座に貯蓄があればその現金も法定相続人で相続することになります

相続相続に必要な手続きは死亡届の提出になります。死亡届を提出するためには医療機関から死亡診断書を受け取る必要がありますので、死亡届を提出する時には必要書類を揃えます。また、被相続人はお亡くなりになっているため、葬儀を行うために葬儀業者に連絡をしなければなりません。また、法定相続人が複数いるご家庭では法定相続人が何人いるのか調査をする必要があります。また、遺言書を弁護士さんなどを通じて被相続人が作成している場合、遺言書の有無や内容の確認をするのが一般的です。

相続をすることができたら、10ヶ月以内に相続税の申告をする必要があります。相続税の申告は税務署などを利用して行います。今までの人生の中で一度は自分で相続の手続きを行ったことがある人や相続に詳しい人は自分の力で行うことができますが、詳しくない人や初めて相続する方は自分の力だけで相続税の申告まで済ませることができない方もいます。自信がない人は税理士による相続相談サービスを利用してみてませんか。今回は相続相談サービスのメリットや税理士の選び方について紹介します。