税理士による相続相談サービスについて

相続をする時はあらゆる手続きが必要になります。相続人は親族になります。年を重ねれば親御さんがお亡くなりになったり、親族が他界されることもあり、法定相続人はその人が所有している遺産を継承することになります。遺産の中には不動産などの高価なものや、銀行口座に貯蓄があればその現金も法定相続人で相続することになります

相続相続に必要な手続きは死亡届の提出になります。死亡届を提出するためには医療機関から死亡診断書を受け取る必要がありますので、死亡届を提出する時には必要書類を揃えます。また、被相続人はお亡くなりになっているため、葬儀を行うために葬儀業者に連絡をしなければなりません。また、法定相続人が複数いるご家庭では法定相続人が何人いるのか調査をする必要があります。また、遺言書を弁護士さんなどを通じて被相続人が作成している場合、遺言書の有無や内容の確認をするのが一般的です。

相続をすることができたら、10ヶ月以内に相続税の申告をする必要があります。相続税の申告は税務署などを利用して行います。今までの人生の中で一度は自分で相続の手続きを行ったことがある人や相続に詳しい人は自分の力で行うことができますが、詳しくない人や初めて相続する方は自分の力だけで相続税の申告まで済ませることができない方もいます。自信がない人は税理士による相続相談サービスを利用してみてませんか。今回は相続相談サービスのメリットや税理士の選び方について紹介します。